2012年04月29日

紀の川市出身のヤクルト平井 諒投手が初勝利

紀の川市出身のヤクルト・スワローズ・平井 諒投手が初勝利!!

平井 諒投手は、紀の川市川原中学校の卒業生です。

高校は、愛媛県の私立帝京第五高校に行き、

3年の夏の県大会では決勝まですすみました。

秋山拓巳投手(阪神タイガース)の西条高校に敗れましたが、

予想を覆しての活躍が話題になりました。

ドラフトは4位指名だったと思いますが、

今年は、今まで7試合に登板し、7回を投げて自責点0・奪三振5

1勝・1セーブ・2ホールドの成績。

今年は平井投手から目が離せませんよ。

★平井 諒投手プロフィール
 ⇒ http://www.yakult-swallows.co.jp/players/2012/067_hirai.html


------------------------------------------

⇒ ドラマCD 部活の後輩に迫られています(初回限定盤)

⇒ 徒然モノクローム/流線形(アニメ盤)
  

Posted by mobileone at 17:28Comments(0)日記

2011年10月29日

太極拳をはじめて2カ月

かつらぎ町のふるさと交流館(公民館)で、太極拳を習い始めて2カ月たちました。

木曜日の9時30分から11時30分までの2時間。

準備運動でまずヘトヘト。

太極拳はゆっくりとした動きですが、かなりの運動量になりますね。

手足の動きの連携が難しく、頭の運動にも良さそうです。

女性が30名前後で、男性は、私を含め2名。

先生は、紀北武術太極拳連盟の太田里代先生。

・紀北武術太極拳連盟HP → http://www.kihoku-taikyoku.com/

家では、「わかりやすさにこだわった太極拳二十四式」(DVD+本)で練習してます。

YouTubeには太極拳の動画が沢山アップされてますよ。

私のお気に入りは
→ http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=90WYI-Pys-c

可愛さ優先で!
  
タグ :太極拳


Posted by mobileone at 15:30Comments(0)日記

2011年04月04日

【放射能漏れ】海外分析 政府発表より緻密

【放射能漏れ】海外分析 政府発表より緻密

産経ニュースの記事です。

⇒ http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110404/dst11040406590003-n1.htm

一部を抜粋、
「今回の事故には欧米を中心に海外の専門家、メディアも注目しており、その分析は日本より踏み込んだものが多い。鮮明な事故現場の写真が世界中に配信され、その画像を元に、原発先進国の研究機関が独自に開発したシステムを活用して事故の状況をコンピューターでシミュレート(模擬実験)し、積極的に情報開示しているためだ。」



⇒ 数奇と無常
  

Posted by mobileone at 11:41Comments(0)日記

2011年03月23日

中国、残念なネット世論の現実

日経ビジネスオンラインから

中国、残念なネット世論の現実

 ⇒ http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110318/219047/

その一部を・・・

「自重してこそ尊重されるようになる

(6)四川大地震の際に、日本は救援隊を派遣し、医療設備や寄付を贈り、テレビで寄付を要請した女性司会者は思わず声を出して泣いた。

 我々の一部には「日本に同情する者は裏切り者で、亡国の民である」と言う者がいる。日本の地震の後のネット上の声の多くは気分を悪くさせるものである。ニュースへの投稿、ネット掲示板への書き込み、ミニブログにおいて、少なからぬ中国人が他人の不幸を喜び、はなはだしきに至っては「日本人、ざまを見ろ」と考えている。 」
  

Posted by mobileone at 15:53Comments(1)日記

2011年03月23日

今日(旧暦2月16日)は西行の命日

西行は1190年3月23日(建久元年2月16日)、河内弘川寺で亡くなっています。

73歳でした。

亡くなった場所は京都東山双林寺だったという説もあります…

ただ、西行忌は、西行の歌

「 願はくは 花の下にて 春死なむ そのきさらぎの 望月のころ 」

(私は春、桜の花の下で死にたい。お釈迦様の涅槃の月、2月の満月の頃に)

にちなんで、釈迦涅槃の日、2月15日とされています。

でも、釈迦に一日遅れて、というのが西行らしいですね。

それでも今はまだ、

「 春になる 桜の枝は なにとなく 花なけれども むつましきかな 」

(桜の枝は 春になるとわけもなく 花は咲いていなくても 親しみを感じる)

というところですね。


また、吉田兼好も同じ3月23日に亡くなっていますね。

兼好は西行より160年後の1350年です。

  
タグ :西行


Posted by mobileone at 15:29Comments(0)日記

2011年03月19日

被災地の医療支援で

京都で医者をしている家内の甥が、

21日、被災地の医療支援で、

仙台へ行くそうです。

大学では落研だったので、

被災地の人たちに笑いも提供してほしい。  

Posted by mobileone at 13:49Comments(0)日記

2011年03月19日

米軍無人機の映像、日本政府が公開に慎重

■東日本大震災:福島第1原発事故 米軍無人機の映像、日本政府が公開に慎重

 ⇒ http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110319ddm012040016000c.html  


Posted by mobileone at 13:38Comments(0)日記

2011年03月18日

伝言ゲームの参加者が多すぎる・・・原子力保安院密着ルポ

日経ビジネス記者・小瀧 麻理子氏の原子力保安院密着ルポ
 「伝言ゲームの参加者が多すぎる」
官邸・原子力保安院・東電――揺れた“鉄”のトライアングル

「伝言ゲームの参加者が多すぎる」というタイトルを見たとき、
チェーンメールのことかと思ったのですが、
まったく違い、何とも深刻な話でした。

以下、抜粋

「震発生から5日目の3月15日、政府は東京電力との統合連絡本部を東電本社内に設置した。
 だが、遅きに失したのは明らかだ。記者は1号機で水素爆発が起きた12日から、規制・監督当局である原子力安全・保安院で取材を開始。事態が進展する中、逆に事態解決に向けた主導者の不在から官邸、保安院、東電という三者の間で危機管理のタガが次第に外れていくのを感じた。
(中略)
保安院は全国の原発の近くに1~2人職員を常駐させており、今回も基本的にこの常駐の担当者と保安院から派遣した職員の計4人が東電の報告を待っている格好だ。「東電から二次情報を取得して、東京で分析し、官邸と調整する。伝言ゲームにあまりにもたくさんの人が参加している」。ある保安院職員は疲労困憊の表情でつぶやいた。
(中略)
経済産業省からの出向者や天下りが多い保安院にあって、唯一の技官出身の審議官、根井寿規審議官が会見に登場。根井氏は、JCO臨界事故や中越大地震での柏崎刈羽の原発事故など原発危機の陣頭指揮を取った。
状況説明に加えて、あくまでも専門家としての自分の見解とした上で、想定シナリオや可能性について言及。その内容には危機時の見解としての説得力があり、記者の間にも納得感が広がった。 」


天下りの巣窟・東京電力に保安院は、やはりこのていたらく・・・
もちろん、これは天下った連中のことで、
現場で命をかけて頑張っている職員は除きますが。

全文を読みたい人はこちら

 → http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110317/219019/
  

Posted by mobileone at 08:46Comments(0)日記

2011年03月17日

全国の放射能濃度一覧

■全国の放射能濃度一覧

 ⇒ http://doko.in/micro/

■都道府県別環境放射能水準調査結果(文部科学省)

 ⇒ http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303723.htm
  

Posted by mobileone at 17:24Comments(0)日記

2011年03月17日

後藤政志氏(東芝・元原子炉格納容器設計者)の話

ツイッターから転載・・・

午前中に後藤政志さん(東芝・元原子炉格納容器設計者)が院内集会で話されたことを順次ツイートします

(1)今回の事故は多重故障。フェイルセーフ思想の設計すら無効に。人間は思い上がってはいけない。危険性は誰もが平等に知るべき。1~3号は格納容器が壊れたか「閉じ込め」機能を失っている。

(2)初期の段階で格納容器の圧力が設計圧の2倍と聞きこうなるとピンときた。壊れるか壊れないかは運次第。「2倍ぐらいは平気」(TV学者)などということはない。(海)水を圧力容器に入れるには「ベント」を開く。これは、格納容器の役目を放棄することに等しい

(3)放射能除去フィルタは小さな弁にありベントにはなく、放射性物質が多量に放出されるのは必至。いまやってることはみな「決死隊」。でもなんとか冷やすしかない。そもそも水を掛けるということは「水蒸気爆発」を招くので最も危険。でもやらねばならないのが現在の困難

(4)4~6号。使用済み燃料はむしろ放射性物質が増えた状態。水位が下がる原因は、揺れてこぼれる、蒸発、プールのライナー(鉄板囲い)の亀裂の3つが考えられる。注水は永久に続けなくてはならない。現在は中の状況がまったくわからない状況

(5)今後想定される危険①炉心・圧力容器:注水ができなくなって溶融物(でぷり)が落ちること②その結果圧力容器や格納容器の底が抜ける③そうなるとコンクリート内の水分と反応して「水素爆発」が起こる④格納容器の大規模破損⑤水素爆発、水蒸気爆発、再臨界

(6)⑥大爆発が起こればチェルノブイリと同じ⑦起こらなくても長期に放射性物質を出し続ける放射性物質は積算される。再臨界の可能性はまだ小さいが「起こるはずがない」は間違い。現にホウ酸を海水に混ぜているのは再臨界予防の為。後藤さんの事故評価レベルは6.5(了)
  

Posted by mobileone at 16:37Comments(0)日記

2011年03月17日

福島第一原発1号機の炉心溶融・爆発事故糾弾…美浜の会

最悪の事故を予想できていながら、
深刻な事態を隠ぺいし、住民避難を故意に遅らせた政府、東電の責任は重大

周辺住民を速やかに避難させよ!
事故に関する情報を全て明らかにせよ!
原発は巨大地震に耐えられない。全ての原発を停止せよ!

美浜の会のホームページより
 ⇒ http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima_appeal20110312.htm

美浜の会のホームページ
 ⇒ http://www.jca.apc.org/mihama/index.html  

Posted by mobileone at 11:33Comments(0)日記

2011年03月16日

ニューヨーク・タイムズの震災関連の写真

ニューヨーク・タイムズの震災関連の写真サイト

⇒ http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/12/world/asia/20110312_japan.html#36

暖かい目線が感じられますね。  

Posted by mobileone at 15:07Comments(0)日記

2011年03月15日

米軍が4号機の火災を鎮火

ASAHI.COM
2011年3月15日12時7分

東京電力は、火災が発生している福島第一原発の4号機の消火作業に米軍が従事していると発表した。鎮火したもよう。
  


Posted by mobileone at 12:38Comments(0)日記

2011年03月15日

福島第一原発からの距離

■福島第一原発からの距離

 ⇒ http://twitpic.com/48u2kp


和歌山は600Km強か。

今は20~30Kmの話なので、あくまで、念のため。  
タグ :原発距離


Posted by mobileone at 11:22Comments(0)日記

2011年03月15日

第二原発 原子炉が安全に停止

NHKオンライン より

3月15日 10時33分

福島第二原子力発電所について、東京電力は、4つある原子炉が、15日までにすべて安全に停止したと発表しました。

福島第二原発では、3号機が今月12日に原子炉が安全に停止、

1号機と2号機は原子炉内の水を冷やすポンプが津波の影響で動かなくなったものの、

14日、原子炉が安全に停止し、

残る4号機で、内部を冷やす機能が十分に確保できない状態が続いていました。

しかし、原子炉に海水を入れるためのポンプを調整した結果、冷却機能が回復し、

東京電力によりますと、

4号機は、15日午前7時15分に原子炉の温度が100度以下にまで下がって、

安全に停止したことが確認されました。

これにより、福島第二原発にある4つの原子炉は、すべて安全に停止しました。



こっちはひとまず、安心のようです。

問題は、第1原発。

命がけで頑張ってる現場の方たちの奮闘を祈ります。

  

Posted by mobileone at 11:05Comments(0)日記

2011年03月15日

大前研一さんが原発事故について動画で解説

原子炉の設計をされていた大前研一さんが、

YouTubeで今回の福島原発の事故について解説

   
タグ :原発事故


Posted by mobileone at 09:42Comments(0)日記

2011年03月14日

原子炉の運転と停止、臨界、メルトダウンなどについて⑫

連続ツイートで伊東乾さんが原子炉の運転と停止、臨界、メルトダウンなどについて説明してくれてます。

*その12

121 @y_mizuno 先生のツイート、非常に信頼性が高いと多くの方に力を与えておられたと伺っています。専門人が蛸壺かどうか、は一般論でなく、いまのような本当の危機で、どう努力できるかと思いますし、そこで動ける若い人に、大学教員としては育って欲しいものだと切に思う次第です。

122 ちなみに東電や政府の決定が全部いいとは、決していっていません。輪番停電など拙速の可能性が高く、通電している被災地の復旧活動に影響がでかねないなど、問題は多々あるはず。是々非々、それを読み解くのも、真贋を見据える目だと思います。

123 特に安全院の技術者会見を見るかぎり、原発事故や復旧作業に重大な隠蔽などがあるとは私は思いません。あるがままにマイナスの情報もだしている。被曝150人など国家賠償を考えれば少し前では考えられないほどの情報公開と思います。復旧は国を傾ける勢い、三号炉への海水投入など捨て身と思います

124 僕が唯一政府姿勢に「意図」を感じるのは「日本」という国の国際的信用あるいは技術水準など含む日本のブランドを何があっても守ろうとしている姿勢です。これから週明け各国市場で何が起きるか。国を守らねばならぬとはこういう所で使うべき言葉で、僕はその点では政府と同意見。日本の信頼は守るべき

125 民間対政府とか東電の利権とか、そんなけち臭いこと言ってる場合でないのは、当事者なら誰でも判っている筈の事、日本が滅びかけているとはいいませんが、十分傾きかねない、これは100年に一度ない「国難」で、さらにここに経済破綻の追い討ちが来たらどうするか?政府は慎重に考えていると思います

126 @toshi_takagi 専門の力を持った法曹とか、目指して欲しいと思う。そういう人材育成だ、と「独法化」の際のロースクール設立の趣意を聴かされていたのに、現状は違うでしょう? ダブルメジャーは当分日本では無理でしょうが、自前のダブルメジャーは大いに可能です!

127 枝野氏が昨日水素爆発を説明する2時間前の会見で「事実と全く違う内容を伝える報道やメール」に色をなし牽制して話すのを見て「何かあるな」と思いました。案の定 水素爆発というすべてのマスコミのありがちな像を越えた「小説より奇」な事実が出てきた。政府はマスコミ全く信用してないでしょう。

128 明日があるので最後に。一つ一つの情報を、まっすぐな目で見ましょう。妄信、くらい破滅への直線道路はありません。どこの発表であれきちっとチェックする。民放のさまざまなコメンテータの誰より頭抜けて、保安院の技術監の説明は詳細かつ具体的で、作り事はほぼ無いと、合理的に判断できるものでした

129 官房長官会見、原発に関しては保安院発表と同様、福島第一1号機は1時10分注水中止、状況は安定しています。放射性物質飛散に伴う被曝などを避けること、ならびに更なる余震や津波からの退避を第一に考えるのが適切と思います。 精度の高い情報を元に的確な判断行動を。(2011/03/14 11:10)

130 福島県新地町海岸沖合いにヘリコプターから3メートルほどの津波を確認とのこと。退避を心がけるよう放送しています。(2011/03/14 11:11)

以上で伊東乾さんの連続ツイートの紹介を終わります。

ツイッターでいう【拡散】を、イコラブログさんを借りてやってみました。  

Posted by mobileone at 11:31Comments(0)日記

2011年03月14日

原子炉の運転と停止、臨界、メルトダウンなどについて⑪

連続ツイートで伊東乾さんが原子炉の運転と停止、臨界、メルトダウンなどについて説明してくれてます。

*その11

111 僕は現地の人のためにツイートしている。現地とは原発に関しては福島や女川周辺の方あるいはそこに親戚のある方など。いろいろ情報が錯綜して現地は何を中心に考えたら良いのか?真偽不明のもろもろの情報か?まず東電と安全院そして事態収拾の指揮を執る政府情報ではないか?そこから考えるのは配慮。

112 @tourokuya 圧は抜いたほうが良いと思います。派手に見えて水素爆発は軽微とはいえ、現場作業員の骨折その他、不測の事故も生みかねない。民間のウエブ放送ですら水素爆発の危険を指摘していました。線量は高が知れていると思います。安全な範囲で判断すべきものでしょう

113 被災地の避難所で、限られた政府情報をトランジスタラジオから得ている方に、このツイートは直接は伝わらないと思います。でもそこに繋がる、ネットにもアクセスできる人が、おじいちゃん怖がらなくても大丈夫だよ、と喩えで話せるように、等と考え、てんぷらや蕎麦チョコレートなど比喩を工夫しました

114 情報源については今回、徹頭徹尾ブレないことにしています。現場に居らず、また行けない私としては、東電・安全院・政府会見の公開情報と関村さんなど信頼できる知人専門家の解説に対して、その理解を深めるという一点のみに集中してお話しています。これらは一番、被災地と共有できる情報でもあります

115 @tidio634 川崎兄もそういうことをやっているのですか。何よりです。反貧困のときの湯浅誠君などもそう思いましたが、こういうところで公益に資してこそ、専門であり学術だと思います。対岸の評論家でなく、実践的に生きる力となるべき。学術も、芸術も。

116 安全院の会見であれ民間のストリーミングであれ、現場技術者の言葉はその専門の範囲で真実であるものが多く説得力あると思います。ただ、その妥当性は、あくまで現場をみてみないと判らないのも事実。現場はそれこそ必死の努力、正に戦場です。命を削って頑張っている人からの情報を謙虚に待つ考えです

117 私の最近の本を見てくださった方、有難うございます。僕が徹頭徹尾冷静に考えるようになってるのは音楽演奏という職業柄来るものです。どれだけ心が熱くなろうとも、演奏現場は常にアクシデントと隣り合わせ。徹底して冷静に対処しながら、目指すべき篤い理想を実現するというのが職業音楽人の仕事です

118 折角なので一つだけ。金曜以来僕のツイートが数本のトゥゲッターになっていました。タイムラインで追って、ほぼ最初の時点から大方のポイントを外してないの、お気づき頂けると思います。節電、プレート、原発の問題、その進行・・・特殊な能力なんかゼロなんです。すべて公開情報から冷静に考えただけ

119 僕が準拠している大半の判断基準って普通に大学教養までで教える内容が9割9分です。ただし人文、社会、自然科学のいずれもフル投入して使っています。ペーパーテストの秀才なんていらない、こういう非常時に必要な判断が可能な文科と理科双方の知恵を使えるように身に付ける事が大事だと思っています

120 日本には多くの理工系の専門家が居られ僕なんかよりよほど原子炉も詳しい人が多い筈。匿名で良いからどうか公開情報から正しく、より安全な知恵を導いて被災地に役立つ内容を発信して欲しい。そういう性根を据える部分、僕はミュージシャンシップでやってますが、その方なりでいい、貢献して頂きたい。

  

Posted by mobileone at 11:21Comments(0)日記

2011年03月14日

原子炉の運転と停止、臨界、メルトダウンなどについて⑩

連続ツイートで伊東乾さんが原子炉の運転と停止、臨界、メルトダウンなどについて説明してくれてます。

*その10

101 三号機の建屋上部の水素ガスの量など誰も正確な事を知りません。官房長官談話は下から上がってきた情報を元に、彼の政治的判断、混乱をさけパニックを回避するという観点で、やや安全気味に話しているかもしれませんが、技術的に考えられる全てのリスクを列挙してかえって不安になるのも良くありません

102 先ほど見た動画でよくない、と思ったのは、ジルコニウム被覆の暑さが「たった」一ミリしかない、とか「ぺらっぺら」など、価値観を含む表現が入っていたので、これはいけないなと思いました。臨界効率から熱交換効率まで検討し尽くされ設計されている筈の部品仕様は客観的、冷静に見るべきものでしょう

103 海外の放送に出てくる解説は良心的なもの含め、現場のデータが一切入ってきませんから、一般論で(僕も昼間触れた)「最悪のシナリオ」側をなぞる傾向を感じます。そういう危機になる以前に水蒸気爆発してる筈で現状遊離。というより明日からの日本銘柄の相場で売り抜けるなど別の底意を感じるものも有

104 多くの方は「安心」したいと思います。こういうときは「確率」で考えましょう。今想定される最も確からしい可能性を念頭に、どう賢明に判断すれば(二次)災害を最小にでき、何より自分たちの身を守れるか?実現可能性の多寡を考えず、あれもこれもと列挙するのは混乱の元。正確に絞って考える方が賢明

105 こんなまとめを作っていただいていたのですね。 ありがとうございます。
 http://togetter.com/li/111170

106 @iwa2465 午後早くの、海水注入中の厳しい時期のデータを正直じ出したものへのレスポンスと(ツイートの時間から)見えます。3時の東電発表、4時台の官房長官会見、5時すぎの保安院会見以前の発言が一人歩きしているように見えます。

107 政府発表や原子力安全・保安院の記者会見等、おおむね事態が安定化の方向にある事を示している様だ。むろん福島第二や女川など含め常時交替不眠不休の現場の努力があってのこと。各種報道はそうした労苦の一段一段をおもんばかりながら、建設的な情報を伝えて貰いたい。不安を煽る悪報道はやめてほしい

108 @mario_kumekawa いえいえ、たいへん恐縮です:いつか「ドイツ革命と体育教師」の話を粂川さんのクレジット入りであそこで展開したいと思っております^^ どうかご指導ください。

109 @ryamanak アイソトープの核種変換等では中性子が大きな働きをしますが、弱い相互作用で放射されるベータ線も立派な放射線です。少なくとも僕は直に浴びたくありません。うちの物理学科には線源を用いて未知金属資料を放射活性化させて崩壊モードから物質を当てるという学生実験があります。

110 @NonColors_xxx 本当です。BGMつきのものをみて、正直非常に腹が立ちました。
  

Posted by mobileone at 11:15Comments(0)日記

2011年03月14日

原子炉の運転と停止、臨界、メルトダウンなどについて⑩

連続ツイートで伊東乾さんが原子炉の運転と停止、臨界、メルトダウンなどについて説明してくれてます。

*その10

91 昨日の爆発で、作業員が骨折しながらも意識がある、という報道があったので「?」と思ったのは、水蒸気爆発なら常圧100度の熱風で、とても作業員が生存できる訳が無いと最初から思っていたからでした。実際今日写真も公開されたように水素爆発だけで放射性物質の飛散も限定的だと思います。

92 「爆発」「放射性物質」「溶ける」「被曝」といった言葉が定性定量的に正確に理解されないと無用の不安が増大します。今日もこれから暗くなる時刻、基礎的な理科の考え方で公開情報を噛み砕いて理解することで、被災地での対策や安全確保、そして心を強くすることにに少しでも役立てればと思う次第です

93 @chiakinimi もし水位が上がっていれば、無用に心配する必要はないと思います。ANNの報道が正しいかどうか、がまず大事ではないでしょうか? 確認が必要です。

94 @hayano すでに水位が上昇したと4時台に官房長官会見が出ています。今(5時過ぎ)の時点で3時の東電を引くと誤解を招くと思います(誤解した方から連絡を頂きました)。

95 補足します。 水素の発生(水の還元による水素ガスの発生)は、核燃料の被覆鞘(ジルコニウム)の表面で可能ですから、鞘は破損せずとも起き得るものです。

96 原子力安全保安院の会見は、さきほどの官房長官会見と同様でしたので 水位は回復していると思ってよいと思います。

97 いまNHK「解説委員」(技術系でないと思われる)が話した「解説」などが最悪と思います。 「燃料棒が露出して 溶けて 水素が発生して」と 判らない内容で誤った事を言いました。名は遭えて出しませんが、核燃料を被覆しているジルコニウム表面で水素ガスは発生可能、三号炉に「溶けて」は誤り。

98 東電の発表に従う限り、福島第一三号炉は溶融(狭義の「メルトダウン」)していません。過熱しかけ注水で冷却している最中です。NHK報道すら記者出身の方なのか「溶けて」などと安易に言ってしまう、公共放送としてあってはならぬ事と思います。民放も同様、正確な情報で冷静に対策すべきと思います

99 「原子力情報室」動画リンクを送って頂き、見ています。今流れているのは技術系の方が良心的にお話している様に見えます。素人なので勉強になる部分多いです。別の方のコメントには事実以上の価値観が含まれていて不正確と思いました。技術に限れば官房長官会見として整理された内容と矛盾せず見えます

100 書き文字の最新情報で確認したほうが良いと思います。福島第一原発三号機、もしいま水位が上昇していれば、一定安全は確保されていると思います。もし炉心の水面上への露出があれば、安全な水位上昇を待ちたいと思います。官房長官会見を見た際、水位上昇したが水素爆発懸念と聴いたように思います。
  

Posted by mobileone at 11:07Comments(0)日記